Skip to content

本学「地域連携センター」が開講している「地域未来学」に本学科の教員が登壇します。オンラインでの開放型講座となりますので、是非ご参加ください。皆様のお申込みをお待ちしております。


12月1日(水)
【講座27】15:30~16:30
「復興大学発の橋梁点検支援装置とコンクリートの引張強度の探求」
小出 英夫 教授(工学部 都市マネジメント学科)
復興大学「技術課題支援対象プロジェクト」により、2012年、「橋梁点検支援装置」の開発はスタート。そして、「診(み)れるんです」が完成し、2019年、国土交通省「点検支援技術性能カタログ(案)」に掲載されるに至りました。本装置の説明、及びコンクリートの長寿命化に関わる引張強度の試験方法に関して説明致します。


12月1日(水)
【講座28】16:45~17:45
「水による災害を減らすための種を蒔きませんか?」
菅原 景一 講師(工学部 都市マネジメント学科)
水に関する災害はなぜ起こるのか?”を出発点にして、近代的科学技術による災害の回避の考え方と方法、その限界について説明します。最後に”今後どのようにして水災害による被害を低減、回避していくことができるだろうか?”について考える”種”を蒔きたいと思います。


◆受講料:無料、ただし要事前申込み(11/29まで)

◆申込みはこちらから:https://www.rc-center.tohtech.ac.jp/mirai/lecture/chiikimiraigaku.html

「工大杜の会」は東北工業大学の土木工学科・建設システム工学科・都市マネジメント学科および大学院土木工学専攻の同窓会組織です。令和3年の春に定例役員会、秋に臨時役員会を開催し、会計、活動内容、会則の改正などについて話し合われました。また、役員改選も行われ新体制が発足し、新会長には舩山克也さん(20回生)が選出されました。

秋の臨時役員会(対面とWeb併用で実施されました)

11月13日(土),いわきワシントンホテル椿山荘及びZoomミーティング配信により「東北工業大学 福島県円卓会議」が開催されました.

本行事中で 菅原 景一 講師が「持続可能であることを目指す社会における研究とは」と題して,土木工学分野における課題と展望について講演しました.
詳細は本学HP NEWS & TOPICS 「東北工業大学 福島県円卓会議(オンライン同時開催)を開催しました」をご覧ください.

2021 東北工業大学 福島県円卓会議(本学HPより転載)

 

広瀬川の千代大橋(国道4号線)付近でドローンによる現地調査を行いました。

当該地先は、人口密集地域で飛行には国土交通省の許可が必要な場所になります。研修のスケジュールを考えると遅いようにも感じますが、許可の取得、関係各所への連絡調整を行っていいたため本日の実施となりました。


調査の間は飛行エリアに第三者が立ち入らないように規制します。


撮影した、川の様子です。今後この映像の解析を進めます。


お決まりの記念撮影です。

 

3年後期科目「都市マネジメント学研修1」では、4年前期に予定されている研究室配属に向けて、各研究室の研修内容や方針を体験する「研修体験」を実施しています。

「研修体験」は、配属を希望する研究室を2か所選んで体験する授業であり、3年生は教員からの研究紹介を始め、実験室で実験に参加したり、ディスカッションへの参加を通して各研究室での研修を体験します。また各研究室の4年生や大学院生とも交流する貴重な機会となっています。

10月28日から11月11日までの3週にわたり1回目の「研修体験」が実施され、来週からは2回目の研修体験が始まります。研修体験の結果を踏まえ、3年生は研究室の希望届を提出し、12月に仮配属され、希望の研究室で引続き研修を実施することになります。

菊池研究室(計画系)
北條研(環境系)
権研(地盤系)
菅原研(水理系)
近藤研(環境系)

11月10日、2年生の授業「鉄筋コンクリートⅡ」において、一般社団法人 プレストレスト・コンクリート建設業協会東北支部様による、「PC(プレストレストコンクリート)技術専門家派遣講座」を開催しました。当日は、東北支部技術部会副部会長の浅井宏隆氏(三井住友建設株式会社)より、PC構造の概要・歴史・紹介 等の講義が行われました。学生達も、鉄筋コンクリート(RC)のこれまでの学習内容と比較しながら、興味をもって受講していました。

菅原研修室は河川環境を水理学的に研究している研究室です。

下の写真は、PIV可視化計測を行っている様子です。

河川構造物を模擬した模型を実験水路に設置して目的とする速度の水を流し、そこへレーザーを照射して水粒子の移動の様子をハイスピードカメラで撮影します。
撮影したコマどり画像をコンピューターで解析して面的に流速を取得する技術です

11月6日(土),本学八木山キャンパスにて父母懇談会を実施致しました.
本行事は本学後援会の主催で,例年前期に全学年を対象に実施していますが,本年度は2回に分け,後期の今回は1・3年生を対象に,Web面談と対面の個人面談を併用して実施しました.ご参加いただきました皆さま,どうもありがとうございました.

2021 父母懇談会 2

11月5日(金),18:00~19:15,本学科 須藤 敦史 教授による市民公開講座を実施しました.
この講座は本学地域連携センターが定期的に実施しているもので,今回で533回目の開催となります.通常は本学一番町ロビーで開催していますが,Web開催となりました.
講演は「最近の自然災害とそのリスクについて」と題するもので,昨今の災害発生の状況に関連したタイムリーな内容でした.開催案内の一部を下記に抜粋します.
---
東日本大震災から十年あまり経て、新たな大規模地震への警告がなされています。また地球温暖化現象で毎年各地で自然災害が多発しており、これらに対する関心が高まっています。一旦、災害が発生するとそのほかにも大きな影響を与えます。どの程度の損失が生じるのか、また災害を予測してどのように対処するのかを解説します。
---
ご参加いただきました皆さま,どうもありがとうございました.

2021 市民公開講座

中山研究室では仙台市内を流れる笊川(ざるがわ)の環境調査を行いました。笊川は名取川の支流で、太白山のふもとを水源とする延長12kmほどの河川です。この河川について上流域から下流域まで9地点で河川水を採水して水質分析を行います。またそれぞれの地点で、「自然なすがた」「豊かないきもの」「水のきれいさ」「快適な水辺」「地域とのつながり」の5項目について環境を評価します。これらの結果を踏まえて、環境改善に向けた提案・活動へつなげていきたいと考えています。

上流域(佐保山橋)から調査のスタートです。ここでは、まだ流量も小さいです。
中流域(鉤取寺前)の調査風景です。徐々に流量も増えてきています。
中流域(ベガロポリス裏)の調査風景です。工大のある八木山方面から流れてくる「後田川」が右手から合流してきます。
下流域(下古川橋)の調査風景です。川幅も広くなってきました。あと500mほど流れると名取川に合流します。
生物についても調査しました。